マーキング事例

さまざまな業種で、実際にマーキングを導入した
事例をご紹介します。

エピソード3:熟練工の代わりとして

  • 最も安価なマーキングは、手打ち刻印による手作業のマーキングと言えます。
    手打ち刻印はハンマーによって刻印のお尻をたたく力で深さが可変します。また、刻印文字の大きさや文字の種類によっても力加減を微妙に変える必要が有ります。
    当然人手による作業の場合は、10数文字を均一な深さにすることは非常に難しく刻印の破損や空振りによる怪我など労働災害となる非常に危険な作業です。
    この作業には、かなりの経験・熟練が必要となりますが、近年はこの習熟した作業者(熟練工)が非常に少なくなっています。
    簡易的なマーキング装置によって、熟練工の持つ技術や、さらには安全面でも労働災害となったことを考えるとはるかに安いため、導入するケースが非常に多くなっています。