マーキング事例

さまざまな業種で、実際にマーキングを導入した
事例をご紹介します。

お客様に合った刻印機のご提案(水晶編)

  • 近年パワーストーンが大変流行っています。
    そのパワーストーンに模様などを入れた物はさらに価値を上げています。
    現状中国の職人さんが彫刻しているケースがほとんどで、輸送費も掛かるし大量に注文をかけないと引き受けてもらえないとのお話を聞きます。

    日本にもパワーストーンに彫刻する機械があるのがあまり知られていなかったようです。
    彫刻機によるマーキング(刻印)は、4軸をNCで制御して専用カッターで文字を彫るマーキング(刻印)装置です。

    仕上がりは極めてきれいで微細な加工にも適しており、鉄系・樹脂系に対応可能です。
    消耗品は専用の超硬カッターですが、再研磨やコーティングも可能です。

    レーザーを使った3Dレーザー彫刻機などもあり、ガラス玉の内面など球面状の内側にも
    彫刻、装飾を施すことが出来ます。

    現在中国など外部に依頼をしている方がいらっしゃれば一度見直ししてみませんか?