マーキング事例

さまざまな業種で、実際にマーキングを導入した
事例をご紹介します。

エピソード2:模造・偽造の防止

  • 自社の製品でクレームが発生し、調査をしたところ問題となった部品が自社製かどうかが不明でしたが、自社製という証拠もなく、リコールとして対象製品の全数を点検し、莫大な費用が発生しました。
    特に人命に関わる製品であったり、重要な部品については、隠しマーク的な使い方もしています。
    現在では、ロット癲Ε轡螢▲覘癲製造年月日などもマーキングされ、更には2Dコードを利用して製品精度やモジュールとして総合的なマーキングシステムも構築されています。