マーキング事例

さまざまな業種で、実際にマーキングを導入した
事例をご紹介します。

マーキングが付加価値を高める時代

  • 様々な物にマーキングがされている。
    自動車などの部品のほとんどにもマーキングが施されている。
    これは後で部品に不具合があった際にいつどこで作られた物かすぐに後追いが出来るためでもあり、また製品の付加価値を高めるためにも使用されている。(シリアル眦)
    ただマーキングはレーザーやエアペンなど様々な種類があるが、非常に高価な物も多い。

    いただく声の中で簡単で安い刻印がほしいという声を良く聞きます。
    すべてが高価な訳ではなく、このように簡単に文字の変更が出来て、
    レザークラフトなどにも使用出来る簡易型刻印が非常に売れています。
    検査マークの刻印にも適しています。

    マーキングの装置はの金額はピンキリですが、
    使用目的に合わせて選定すると安くて良い物が見つかるはずです。