マーキング事例

さまざまな業種で、実際にマーキングを導入した
事例をご紹介します。

接触型マーキングと非接触型マーキング

  • マーキング装置、刻印機のほとんどは接触型と非接触型に分類されます。
    工業製品の多くは塗装やメッキの工程もあり金属部への接触型マーキングが主となりますが、その他の業界(食品・家電・医療・生活用品など)では非接触型マーキングが主となります。

    プラスチックやビニールなどの柔らかい樹脂素材では、プレスや切削などの力を加える接触型マーキングでは製品形状や性質を変えてしまう為です。

    非接触型マーキングで有名なものはやはりレーザー方式ですが、それ以外にもインクジェット方式なども有名です。
    接触型マーキングでも力を加える事の無い「電解方式」も、相手の材質により採用される事も増えてきました。

    材料の変化とともにマーキング方法も様々に変化しています。