マーキング事例

さまざまな業種で、実際にマーキングを導入した
事例をご紹介します。

マーキングが付加価値を高める時代

  • ジュエリー業界では商品の差別化を図るため様々な方法を取っている。

    一番良い例が刻印で、その場で名前のイニシャルや日付などを刻印して世の中に2つと無い物を提供することで価値を高めている。

    またその刻印は商品の幅や価値を高めるだけでなく、
    新しい顧客を獲得するためのハイバリューサービスとも取れる。

    コンパクトな彫刻機をショップカウンターに設置することで、
    彫刻サービスをアピールし、売り上げにも貢献することもできる。

    刻印の方法は15万円くらいの手彫りタイプから何百万もする高額なレーザー機を使用している所など様々ではあるが、
    最近は50万程度の安価で外径も内径もタッチパネル操作で簡単に刻印が出来る物が出てきた。

    ジュエリーの価値を高めるための費用対効果を一度見直してみて如何だろうか?